生命保険の仕組みは主契約と特約の組み合わせで成り立っています

生命保険は自分が無くなった後に残すお金というイメージが強いですが、実は老後の必要資金や入院手術の費用に備えるもの、介護費用の準備金となるものなどいろいろな種類があります。そのせいか、生命保険はとても複雑なものという印象になっているのです。

しかし生命保険の基本的な仕組みは非常にシンプルで、主契約と特約の二つで構成されています。例えば本人が死亡したときに家族に支払われる、また病気やけがで入院したときに給付金が受け取れるといった保険であれば、死亡保険を主契約とし、疾病入院特約を付けたものということです。どんな生命保険商品もこの二つの組み合わせから成り立ち、その主契約の種類や特約の種類によって様々な組み合わせが可能なのです。
医療保険 必要性

生命保険には終身型と定期型があります。終身型は保証が一生涯続くもので、定期型は契約した保証期間に限り保障されるというものです。終身型を定期型では保証期間の違いから、定期型の方が保険料は安いのが通常です。

どの保険を選ぶのか、また主契約と特約をどのように組み合わせるかは、自分が欲しい保障は何かをまずしっかりと検討し、それに合わせて複数社の保険料や保障内容を比較検討して選ぶことが大切です。

このページの先頭へ